バーナ・燃焼制御機器

ガスバーナ

NEOTMG®型スロートミクスバーナ


汎用ガスバーナの代表的機種「TMG型スロートミクスガスバーナ」に、小容量に特化したシリーズが登場。従来同等品を凌ぐ燃焼性能とメイン/パイロット火炎の個別監視による燃焼安全機能(JIS B 8415-2008対応)を備えた次世代型バーナです。豊富なバリエーションから燃焼量に応じた最適なサイズをお選びいただけます。

●カタログ[PDF]1.02 MB →Download

お問い合わせはこちら

TMG型スロートミクスバーナ



10:1のターンダウン比を持ち、ワンバルブ操作で燃焼量全域にわたって低空気比燃焼ができる汎用ガスバーナで、逆火の心配がありません。 またスパークプラグによる直接電気点火も可能です。

●カタログ[PDF]462 KB →Download

お問い合わせはこちら

【バーナーとは?】 工業用のバーナーは、ガスや油などの燃料を燃焼して生み出される熱エネルギーを間接的に、あるいは直接的に炉に与えるための機器で、それゆえ温度コントロールによって材料を目的の品質に処理する工業炉にとって、バーナーは電気で加熱するヒーターなどと同様に不可欠な製品のひとつといえます。 近年では炉内の燃焼空気を利用することで燃焼効率の向上やNOxなどの有害ガスの低減を可能にしたリジェネレーティブバーナー(リジェネバーナ)や、燃焼に必要な酸素のみを燃料として高効率、燃料コスト低減を実現する酸素バーナーなど、当社では多様なバーナーをニーズに合わせご提供しています。 ※ホームページのみ文中で一般呼称を使用している場合があります[例:バーナー(JISに基づく当社製品名呼称:バーナ)]。
※ご参考動画(リジェネレーティブバーナー火炎、英語・中国語のみ)

Hot-TMG高温空気用スロートミクスバーナ


500℃の予熱空気が使えるスロートミクスバーナです。EBC-i自動空気比制御システムをつければ、燃焼量や予熱空気温度が変わっても常に一定空気比燃焼を続けます。
燃焼空気圧力:4.5kPa 燃焼空気温度:350℃の場合

●カタログ[PDF]472 KB→Download

お問い合わせはこちら


HMG型ハイモーメンタムバーナ


運動量の大きな高速火炎が得られるバーナで、炉気攪拌効果が大きく、均一加熱、急速加熱に適しています。 還元炎の燃焼では遊離酸素が極めて少なく、無酸化加熱に威力を発揮します。500℃までの予熱空気が使えます。
燃焼空気圧力:5kPa 燃焼空気温度:20℃の場合

●カタログ[PDF]472 KB→Download

お問い合わせはこちら

平成16年度優秀省エネルギー機器 (社)日本機械工業連合会 会長賞受賞
ISRG型浸漬管用セルフリジェネバーナ


ISRG型セルフリジェネガスバーナ(Immersion tube Self Regenerative  Gas Burner)は、 浸漬管内での切替蓄熱燃焼が1台でできるコンパクトなリジェネバーナです。 バーナボディがコンパクトで、パイロットバーナ、切替弁、(空気/排ガス)も一体化されており、さらに排ガス吸引ファン(IDF)が不要なため、システム全体の小型化・低コスト化が図れ、これまでリジェネバーナシステムの導入が困難であった浸漬管を使用した非鉄金属の溶解・保持炉に最適です。蓄熱体には耐熱性、耐食性、経済性に優れたアルミナボールを使用しています。

●カタログ[PDF]441KB→Download

お問い合わせはこちら


SRMG®型レキュバーナ


レキュペレータを内蔵した高速火炎バーナで、燃料節約に大きく貢献します。時間比例ON-OFF制御に対応でき、複雑な制御機器が不要です。

●カタログ[PDF]816 KB→Download

お問い合わせはこちら


VB型低圧ベロシティバーナ


低圧空気で燃料ガスを比例吸引する汎用バーナです。燃焼量の増減は空気圧力のみを制御することにより、空燃比一定のまま比例調節できます。極低圧の燃料ガス圧力でも対応でき、高温炉から低温炉まで幅広い用途に使用できます。
燃焼空気圧力:6kPaの場合

●カタログ[PDF]676 KB→Download

お問い合わせはこちら


DGB型ダブルコーンバーナ


20:1のターンダウン比を持つ低温オーブン用バーナです。ガスと空気の流量調節機構が組みこまれており、ワンレバー操作で燃焼量全域にわたって低空気比燃焼ができます。
燃焼空気圧力:6kPa 燃焼空気温度:40℃の場合

●カタログ[PDF]1.48 MB →Download

お問い合わせはこちら


HFB®型ハイフレームバーナ


ガスと空気をバーナ先端で旋回急速混合するノズルミックス式バーナで、火炎がラジアル方向に広がり、フラットフレームが得られます。 常温空気用のHFB®型と500℃までの予熱空気が使えるH-HFB®型があります。
燃焼空気圧力:3kPa 燃焼空気温度:20℃の場合

●カタログ[PDF]472 KB→Download

お問い合わせはこちら


GPL型比例調節バーナ


ワンレバー操作で、ガスと燃焼空気量が比例調節できるノズルミックス式バーナです。 PLB型オイルバーナと取付寸法・火炎特性を合わせているので、バーナ本体の交換だけで簡単に燃料転換ができます。
燃焼空気圧力:6kPaの場合

●カタログ[PDF]492 KB→Download

お問い合わせはこちら


NG型ノズルミックスバーナ


燃料ガス、空気ともに低い圧力で燃焼できる汎用バーナです。シンプルな構造で、幅広いターンダウン比を持っており、広汎な用途に使用できます。 大容量型としてNG-L型(1740~5810kW)もあります。
燃焼空気圧力:2.5kPaの場合

●カタログ[PDF]429 KB→Download

●カタログ[PDF]449 KB→Download

お問い合わせはこちら


RFB型ルーフバーナ


加熱炉の天井や側壁に取付け、バーナタイルからの輻射熱で材料を加熱するバーナで、700℃までの高温予熱空気が使えます。 標準型のRFB-I型と広角炎と直進炎の変更が任意にできるRFB-II型があります。
燃焼空気圧力:3kPa 燃焼空気温度:450℃の場合
お問い合わせはこちら


CRB型コンセントリックラジアントチューブユニット


レキュペレータを内蔵した低NOxバーナと材料を均一加熱するラジアントチューブをコンパクトにまとめてユニット化した直管型間接加熱装置です。炉内温度950℃まで使えるうえ、エレクトロチューブとの交換も容易です。
燃焼空気圧力:4.5kPa 燃焼空気温度:20℃の場合

●カタログ[PDF]600 KB→Download

お問い合わせはこちら


CFB-II型スリットノズルバーナ


スリット状のバーナタイル出口から高速の直進偏平火炎を形成するバーナです。フレームの表面積が大きいので、材料を均一に加熱する能力が特に優れています。また、理論空気比以下の燃焼でも、遊離酸素濃度が極めて少ないため、直火の無酸化加熱などにも威力を発揮します。常温空気用のC-CFB-II型と500℃までの予熱空気が使えるH-CFB-II型があります。
燃焼空気圧力:C-CFB-II 3kPa(常温空気用) H-CFB-II 5kPa(予熱空気用)

●カタログ[PDF]782 KB→Download

お問い合わせはこちら


コージェネレーションシステム用追い焚きバーナ


ガスタービンの高温排ガスを追い焚きすることにより、蒸気発生能力を増大させるシステムです。この追い焚きバーナにより、コージェネレーションシステムの総合効率を大幅に向上させました。 (大阪ガス株式会社との共同開発品です。) 燃焼量:2791~25586kw 燃料圧力:34.3kPa(atバーナ入口) ターンダウン比:10:1

●カタログ[PDF]770 KB→Download

お問い合わせはこちら


LS型焼結点火炉用バーナ


焼結鉱の強度、成分、粒度などの品質基準を満たすとともに、コークス原単位の低減に貢献するバーナです。点火炉用バーナは高速・高温の燃焼ガスを原料全面に吹き付け、均一な点火ができます。保熱炉用は操業に応じて火炎長さを自由に調節することができます。
燃焼空気圧力:2.5kPa

お問い合わせはこちら


パイロットバーナ


NPC・MPNシリーズは火炎監視装置の取りつけられるノズルミックス式パイロットバーナです。

●カタログ[PDF]679 KB→Download

お問い合わせはこちら


低圧インスピレータ


空気で燃料ガスを吸引混合するミキサで、空気側の制御のみで比例調節が可能です。 → お問い合わせはこちら


M型エアーガスミキサ


空気側の制御のみで、比例調節が可能な強制混合型のミキサで、大容量の混合気体を作る場合に使用します。 → お問い合わせはこちら


局部加熱用ポーテットチューブバーナ


複数穴あきヒーティングチューブと組合わせ使用するガスバーナで、局部加熱及び連続ライン加熱に適した排ガス熱量ロスの少ないバーナです。 → お問い合わせはこちら


WRBG®型ラジアントチューブバーナ


差込型レキュペレータによる予熱空気の利用に加えて、排ガス循環と2段燃焼を組み合わせることで大幅な低NOx化を実現したバーナです。また低空気比燃焼により燃料を節約し、均一な温度分布特性でラジアントチューブの寿命を長く保ちます。 → お問い合わせはこちら

■関連製品はこちらから
オイルバーナー
酸素バーナー

関連受託テストのご紹介

受託テーマ 「特殊燃料の燃焼性確認テスト」

テスト装置名
各種燃焼テスト炉および各種バーナ
テスト装置の設置場所
当社燃焼研究所(大阪府柏原市)

装置概要

  • 低発熱量ガスや再生重油のような特殊な燃料の燃焼性確認テストを引受けます。なお、通常バーナでの燃焼が困難であると予想される燃料の場合には、燃焼可能な特殊バーナの設計も引受けます。

主な用途

  • ●2000kJ/m3(normal)[500kcal/m3(normal)]以下の低発熱量ガスの燃焼性確認 ●再生重油の燃焼性確認 ●水分含有油の燃焼性確認 ●半導体製造工程から排出される特殊ガスの燃焼性確認

装置仕様

  • ●最大1.5MW(130万kcal/h)までの燃焼性確認が可能 ●予熱空気温度:Max.450℃ ●NOx、CO、O2 などの排ガス分析が可能

▼テスト概要の説明項目(テストお申し込みの際、これらの項目をご参考に、概要説明願います。)

・燃料スペック(組成、発熱量、理論空気量、密度、粘度、他) ・燃焼設備スペック(燃焼量、炉温、空気比、空気温度、他) ・被加熱物の種類、サイズ、処理量

受託テストのお申し込み・お問い合わせ

  • テストは基本的に有償です。(テスト詳細が確定後、お見積書を提出いたします。)
  • テストを希望される方は、下記の「受託テストのお申し込み」ボタンをクリックし、「テストお申し込み専用フォーム」に必要事項を入力のうえ、送信してください。
  • ご依頼内容によっては、お断りする場合もあります。
  • テスト装置の使用状況により、長期間お待ちいただかなければならない場合があります。

※ 中外炉工業では、設備導入のご商談を頂いているお客様のためのテスト装置を準備しています。賃加工や単独テストなどはお引き受けしておりませんので、ご了承願います。受託テストのお申し込み

TOP