バーナ・燃焼制御機器

オイル・ガス両用バーナ

C-HEP型低NOxバーナ


高速噴流火炎が炉内ガスを最適に同伴自己循環させることにより超低NOx化を実現。また、撹拌効果と炉内貫通力が高まることで、炉内温度分布の均一化も図れます。
各種ガス・オイル燃料に対応し、鉄鋼加熱炉をはじめとする各種工業炉に広く採用されてきたFHC型バーナとの互換性にも配慮しています。

●カタログ[PDF]535 KB →Download

お問い合わせはこちら

【バーナーとは?】
工業用のバーナーは、ガスや油などの燃料を燃焼して生み出される熱エネルギーを間接的に、あるいは直接的に炉に与えるための機器で、それゆえ温度コントロールによって材料を目的の品質に処理する工業炉にとって、バーナーは電気で加熱するヒーターなどと同様に不可欠な製品のひとつといえます。
近年では炉内の燃焼空気を利用することで燃焼効率の向上やNOxなどの有害ガスの低減を可能にしたリジェネレーティブバーナー(リジェネバーナ)や、燃焼に必要な酸素のみを燃料として高効率、燃料コスト低減を実現する酸素バーナーなど、当社では多様なバーナーをニーズに合わせご提供しています。

※ホームページのみ文中で一般呼称を使用している場合があります[例:バーナー(JISに基づく当社製品名呼称:バーナ)。

※ご参考動画(リジェネレーティブバーナー火炎、英語・中国語のみ)

FHC-IIIc型低NOxバーナ


700℃までの予熱空気が使用できる鉄鋼加熱炉用低NOxバーナです。
二段燃焼法により、高温予熱空気の使用においてもNOxを極限にまで低減します。また、火炎長さの調節ができ、10:1の幅広いターンダウンができます。


燃焼空気圧力:3kPa
燃焼空気温度:450℃の場合

●カタログ[PDF]935 KB →Download

お問い合わせはこちら

FHC-VA型バリアブルフレームバーナ


700℃までの予熱空気が使える低NOxバーナで、火炎特性の調節機構を備えており、用途にあわせて最適の火炎形状で燃焼できます。
また、10:1のターンダウン比を持ち、燃焼量、空気温度が変っても常に低空気比燃焼ができます。

燃焼空気圧力:3kPa
燃焼空気温度:450℃の場合

お問い合わせはこちら

CVS型ボルトメトリックバーナ


優れた燃焼性能と安定した燃焼領域をもつ石油加熱炉用バーナで、400℃までの予熱空気が使用できます。燃焼ガスの自己再循環機能と段階的燃焼によりNOx量を極めて低い値に抑えています。油専焼、ガス専焼、油・ガス混焼型があります。


燃焼空気圧力:1.5kPa
燃焼空気温度:20℃の場合

お問い合わせはこちら

PG型コンビネーションバーナ


PLB型オイルバーナとノズルミックス式のガスバーナを組込んだ低圧空気式バーナです。ワンレバー操作で一定の空燃比による燃焼量調節ができ、油の専焼、ガスの専焼、油とガスの混焼が自由に行えます。


燃焼空気圧力:6kPaの場合

お問い合わせはこちら

C-SNT型バーナ


燃焼ガスの自己再循環方式を採用した低NOxバーナです。二段燃焼式にくらべてやや短炎傾向を示し、低空気比でも安定した燃焼ができます。油専焼、ガス専焼、油・ガス混焼型があり、600℃までの高温予熱空気が使用できます。


燃焼空気圧力:3kPa
燃焼空気温度:350℃の場合

●カタログ[PDF]551 KB →Download

お問い合わせはこちら

ロータリキルン用バーナ


火炎の着火性と安定性に優れたバーナで、火炎長さを調節することにより温度分布を変えることができます。
バーナ、架台、操作機器、安全操作盤などをコンパクトにまとめたユニットタイプです。

燃料:各種油・ガス
燃焼量:3490~23260kW各種
燃焼空気温度:常温~300℃

●カタログ[PDF]472 KB →Download

お問い合わせはこちら

HSGB®・HSOB型ハイスピードバーナ


小型、軽量でスリムなダイレクト点火式バーナです。
火炎速度が高速から低速まで自由に選べ、低空気比燃焼から超過剰空気燃焼まで使用できます。

燃料:HSGB®・各種ガス燃料
HSOB・灯油、軽油
燃焼量:35~1163kWまで各種
燃焼空気温度:常温~300℃

●カタログ[PDF]437 KB →Download

●図面データ[ZIP]→Download


お問い合わせはこちら

RCB型低NOxリジェネレーティブバーナ


2台のバーナを1ペアとして交互に切替えて燃焼する蓄熱バーナです。従来のレキュペレータによる廃熱回収では不可能であった90%近い廃熱回収が可能です。また2台のバーナを短時間で燃焼、消火を繰り返すため炉内温度の均一化がはかれます。

●カタログ[PDF]6.05 MB →Download

●図面データ(RCB-ES)[ZIP]→Download


お問い合わせはこちら

ガラス溶解用バーナ

ガラス溶解用バーナガラス溶解用タンク窯専用として開発した高性能バーナです。火炎の高輝度および適切な運動量、火炎長さなど要求される条件を満たすとともに、コンパクトな構造で、保守点検が容易です。
燃料:灯油、軽油、重油、LPG、天然ガス
燃焼量:580~4070kW各種

お問い合わせはこちら

NR型ラジアントチューブバーナ

レキュペレータによる予熱空気の利用と二段燃焼法によってNOxの低減をはかったバーナです。低空気比燃焼により燃料を節約し、均一な温度分布特性によりラジアントチューブの寿命を長く保ちます。

燃料:灯油、軽油、各種ガス
チューブサイズ:125Aから225Aまで各種
燃焼量:46.5~290kWまで各種
燃焼空気温度:常温~500℃

お問い合わせはこちら

MN型ラジアントチューブバーナ


排ガス循環方式を採用し、NR型にくらべて、さらにNOxの低減を図ったバーナです。
またサイレンサ機構により燃焼音は極めて静かで、押込通風にも吸引通風にも使えます。

燃料:灯油、軽油、各種ガス
チューブサイズ:100Aから225Aまで各種
燃焼量:23.3~349kWまで各種
燃焼空気温度:常温~500℃

お問い合わせはこちら

SB型イマージョンバーナ


各種の液槽、液体反応槽、低温溶融金属槽などに最適の浸管加熱装置です。バーナ、加熱チューブ、エダクタをコンパクトにまとめた設計は熱効率の向上、作業時間の短縮に大きく貢献します。


エダクタ空気圧力:6kPaの場合

●カタログ[PDF]507 KB →Download

お問い合わせはこちら

■関連製品はこちらから
オイルバーナー
ガスバーナー
酸素バーナー

関連受託テストのご紹介

受託テーマ 「特殊燃料の燃焼性確認テスト」

テスト装置名
各種燃焼テスト炉および各種バーナ
テスト装置の設置場所
当社燃焼研究所(大阪府柏原市)

装置概要

  • 低発熱量ガスや再生重油のような特殊な燃料の燃焼性確認テストを引受けます。なお、通常バーナでの燃焼が困難であると予想される燃料の場合には、燃焼可能な特殊バーナの設計も引受けます。

主な用途

  • ●2000kJ/m3(normal)[500kcal/m3(normal)]以下の低発熱量ガスの燃焼性確認
    ●再生重油の燃焼性確認
    ●水分含有油の燃焼性確認
    ●半導体製造工程から排出される特殊ガスの燃焼性確認

装置仕様

  • ●最大1.5MW(130万kcal/h)までの燃焼性確認が可能
    ●予熱空気温度:Max.450℃
    ●NOx、CO、O2 などの排ガス分析が可能

▼テスト概要の説明項目(テストお申し込みの際、これらの項目をご参考に、概要説明願います。)

・燃料スペック(組成、発熱量、理論空気量、密度、粘度、他)
・燃焼設備スペック(燃焼量、炉温、空気比、空気温度、他)
・被加熱物の種類、サイズ、処理量

受託テストのお申し込み・お問い合わせ

  • テストは基本的に有償です。(テスト詳細が確定後、お見積書を提出いたします。)
  • テストを希望される方は、下記の「受託テストのお申し込み」ボタンをクリックし、「テストお申し込み専用フォーム」に必要事項を入力のうえ、送信してください。
  • ご依頼内容によっては、お断りする場合もあります。
  • テスト装置の使用状況により、長期間お待ちいただかなければならない場合があります。

※ 中外炉工業では、設備導入のご商談を頂いているお客様のためのテスト装置を準備しています。賃加工や単独テストなどはお引き受けしておりませんので、ご了承願います。

受託テストのお申し込み

TOP