お問い合わせフォームへ

脱炭素技術

 
熱技術における脱炭素化のリーダーとして、
2050年カーボンニュートラルを実現するための
技術・製品開発を推進しています。
熱技術における脱炭素化のリーダーとして、2050年カーボンニュートラルを実現するための技術・製品開発を推進しています。
近年国際的な枠組みをもとに各国政府より温室効果ガスの大幅な削減目標が打ち出され、企業においてもその実現に寄与する環境対策に主眼を置いた技術・製品開発が求められています。その中で当社は国内CO2排出量のうち約17%を占めるとされる工業炉などの関連業界において、温室効果ガス削減に貢献するための取り組みを加速させています。
 
世界の温室効果ガス排出量の削減イメージ
 
 
日本における2050年カーボンニュートラルへの転換イメージ
 
 
 
当社の対応テーマ
 
 
 
脱炭素化における水素
水素はこれまでに製鉄所等の産業部門において主に利用されていましたが、近年では「利用時にCO2を排出しない」「電機と熱の2つのエネルギーが供給できる」「非常時にも使える」「地域資源からつくることができる」といったメリットが注目され、クリーンエネルギーとして自動車やバスなどの移動体の燃料や家庭において電気と熱を同時に作るエネファーム等に活用されており、今後も化石燃料の代替やエネルギー貯蔵手段として様々なシーンでの利用が期待されています。
 
 
当社が取り組む技術
 
 
脱炭素化におけるアンモニア
水素と窒素の化合物であるアンモニアは化学肥料の原料などに使われていますが、水素と同様に燃やしてもCO2を出さないうえ、水素と比べると燃えにくいものの液化しやすいので扱いやすく、輸送や貯蔵のインフラも比較的整っていることから水素よりも実用的と考えられ、脱炭素の新たな切り札として注目が集まっています。
 
次世代燃料として期待されるアンモニア
 
 
当社が取り組む技術
 
 
脱炭素化における電化
暮らしや経済活動に必要なエネルギー源を、CO2を排出する石油、石炭、ガスなどの化石燃料から電力に置き換える「電化」はカーボンニュートラルの実現において欠かすことのできない項目となっており、電力部門において発電時にCO2を排出しない電源を増やすと共に、その電力を「電化」の普及によって可能な限り利用していくことが求められています。
 
国内の脱炭素化に向けた電化への転換イメージ
 
 
当社が取り組む技術
 
 
さらなる新発想で独自の脱炭素化技術を開発
脱炭素化でも活躍が期待される熱技術のリーディングカンパニーとして、中外炉はこれからも新たなニーズにお応えする技術・製品をご提案いたします。
 
当社が取り組む技術
 
 
TOP