部品・素材熱処理炉

電池・基盤・触媒・磁性材熱処理炉

高温炉・ホットプレス

■ガス圧高温炉


不活性ガス雰囲気炉

セラミックスやグラファイトなどの焼成や焼結に使用される炉です。
N2、Ar、Heなどの不活性ガス雰囲気を使用し、真空から0.99MPaまでの高圧雰囲気中で2,800℃までの高温運転が行える不活性ガス雰囲気炉をはじめ、大気やO2雰囲気中で、1,700℃まで加熱できる酸化雰囲気炉や、H2雰囲気や0.01Pa以下の高真空中で、2,500℃まで加熱できる高真空雰囲気炉、ハロゲンガス、純化炉があります。さらに最高30MPaの超高圧ガスが使用でき、脱脂・焼結工程の簡略化を実現する

●メタルエレメント炉

炉内にセラミックファイバーを使わず金属部品で構成することにより、高真空、コンタミネーションを抑えたクリーンな処理を実現しました。
ヒータ、リフレクタの材料は使用温度に合わせてモリブデン、タングステンなどにすることで、低温から2300℃の高温域まで処理が可能です。
炉内圧力は10-5 Pa absの高真空から0.99MPa G.の高圧まで幅広い範囲の炉内圧力に対応し、雰囲気は真空、N2、Arなどの不活性ガス、H2などの可燃性ガスの他、加湿雰囲気にも対応します。
研究用の小型炉から量産用の大型炉まで、幅広いサイズ、処理条件にお応えいたします。

■ホットプレス

厚板を機械加工によりくり抜いて製造する、当社独自の製法により作られたプレスフレームは、従来の溶接構造のプレスフレームに見られた面くるいや変形などの経年変化がなく、理論値どおりの高圧プレスが行えます。またプレスルームは横移動することができ(実用新案)、操業性、安全性に優れています。さらにガス圧高温炉と同様に0.99MPaまでの高圧雰囲気中で2,800℃までの高温運転を行うことができます。
研究開発用には、酸化炉と雰囲気炉に移動式プレスフレームを備えた2炉1プレス型の“ツインホットプレス”をはじめ、1炉1プレス型の、“シングルホットプレス”、固定プレスフレームとフロントローディング方式を採用した箱型ホットプレスなど豊富な機種・サイズを標準化しています。

■連続式ホットプレス

処理材はプッシャにより順次炉内へ搬送され、ホットプレスゾーンでプレスされます。
プレスは2,400℃までの高温雰囲気中で複数軸同時に行われ、量産を可能にしています。

お問い合わせはこちら

関連受託テストのご紹介

受託テーマ「焼成、焼結、黒鉛化、ホットプレスなどのテスト」

テスト装置名
ホットプレス
テスト装置の設置場所
当社技術研究所(大阪府堺市)

装置概要

  • グラファイトヒータ、カーボン繊維断熱材を使用した炉体にクラッチドアを採用することにより、幅広い圧力範囲で超高温運転が行えます。また、抵抗加熱方式なので温度分布精度や制御性に優れています。

主な用途

  • ● 非酸化物系セラミックスの焼結 ●カーボンの焼成、黒鉛化 ● 圧縮成型、拡散接合などのホットプレス など

装置仕様

  • ● 炉内有効寸法:φ300×250Lmm
    ● 最大装入量:30kgグロス/チャージ
    ● 最高使用温度:2500℃
    ● 炉内ガス圧力:真空~9.9kg/cm2G
    ● 到達真空度:1Pa(10-2Torr)
    ● 電熱容量:120kW
    ● プレス能力:30ton

▼テスト概要の説明項目(テストお申し込みの際、これらの項目をご参考に、概要説明願います。)

・試験の目的 ・処理材料(原料名、物性、処理量) ・ヒートプロファイル
・使用雰囲気およびその圧力 ・プレス圧力およびプレスパターン

受託テストのお申し込み・お問い合わせ

  • テストは基本的に有償です。(テスト詳細が確定後、お見積書を提出いたします。)
  • テストを希望される方は、下記の「受託テストのお申し込み」ボタンをクリックし、「テストお申し込み専用フォーム」に必要事項を入力のうえ、送信してください。
  • ご依頼内容によっては、お断りする場合もあります。
  • テスト装置の使用状況により、長期間お待ちいただかなければならない場合があります。

※ 中外炉工業では、設備導入のご商談を頂いているお客様のためのテスト装置を準備しています。賃加工や単独テストなどはお引き受けしておりませんので、ご了承願います。

受託テストのお申し込み