鉄鋼・非鉄金属プラント

金属プロセスライン・塗装ライン

トランスバース方式誘導加熱装置

薄板用誘導加熱装置において多数の特許と実績をもつ当社の最新技術を多数採用し、さらなる品質向上と高効率処理を実現する新型IHです。

IHならではの小型化、急速加熱、条件変更の容易性、またトランスバース方式ならではの磁性体・非磁性体問わず加熱できる優れた汎用性はそのままに、独自開発のMVコイル(特許取得済)採用でさらなる均一加熱を実現。
トランスバース方式ながら、板幅の変更に対しても良好な温度分布を維持します。

実績豊富な当社乾燥炉・焼付炉(熱風式・放射加熱式)との組合せにより、最適な塗装乾燥ラインがご提案可能です。

当社堺事業所にテスト設備をご用意しております。

 ※本設備は島田理化工業株式会社殿との共同開発品です。

お問い合わせはこちら

関連受託テストのご紹介

受託テーマ「ストリップの誘導加熱テスト」

テスト装置名
トランスバース方式誘導加熱装置
テスト装置の設置場所
当社技術研究所(大阪府堺市)

装置概要

  • IHならではの小型化、急速加熱、条件変更の容易性、またトランスバース方式ならではの磁性体・非磁性体問わず加熱できる優れた汎用性はそのままに、共同開発のMVコイル(特許取得済)採用でさらなる板幅方向の均一加熱を実現。トランスバース方式ながら、板幅の変更に対しても良好な温度分布を維持します。また実績豊富な当社乾燥炉・焼付炉(熱風式・放射加熱式)との組合せにより、最適な塗装乾燥ラインがご提案可能です。

主な用途

  • ● 磁性体(普通鋼、フェライト/マルテンサイト系ステンレス鋼)、非磁性体(非鉄金属、オーステナイト系ステンレス鋼、銅、アルミ)ストリップの誘導加熱

装置仕様

  • ● 材種:SUS304, SUS430, Cu, Al等のストリップ材
    ● 板厚:0.05-1.0mm程度
    ● 板幅:750-1219mm
    ● 板長さ:3500mm(テストピース)
    ● 処理速度:Max. 5m/min
    ● 処理温度:1200℃以下

▼テスト概要の説明項目(テストお申し込みの際、これらの項目をご参考に、概要説明願います。)

・試験の目的 ・処理材料(品名、寸法、質量、材質) ・数量 ・熱処理条件 ・目標品質

受託テストのお申し込み・お問い合わせ

  • テストは基本的に有償です。(テスト詳細が確定後、お見積書を提出いたします。)
  • テストを希望される方は、下記の「受託テストのお申し込み」ボタンをクリックし、「テストお申し込み専用フォーム」に必要事項を入力のうえ、送信してください。
  • ご依頼内容によっては、お断りする場合もあります。
  • テスト装置の使用状況により、長期間お待ちいただかなければならない場合があります。

※ 中外炉工業では、設備導入のご商談を頂いているお客様のためのテスト装置を準備しています。賃加工や単独テストなどはお引き受けしておりませんので、ご了承願います。

受託テストのお申し込み