鉄鋼・非鉄金属プラント

レキュペレータ

産業界全体に地球温暖化対策が求められているいま、工業炉においてもCO2などの温室効果ガスの削減は最重要課題です。
そこで当社では、いままで培ってきた工業炉のノウハウを活かし、炉から発生する廃熱を燃焼用空気、燃料ガスの予熱として有効利用することで、燃料コストの削減を図り、地球温暖化の緩和を実現する熱交換器(レキュペレータ)を新たに開発しました。CO2だけでなくダイオキシンの削減にも効果を発揮し、大気汚染の防止にも貢献します。また、プレート型、輻射式ケージ型、シェル&チューブ型、輻射式二重円筒型、チャンネル型といった多様なタイプをラインナップしていますので、さまざまな設備環境に合わせて導入していただけます。

お問い合わせはこちら