基板・フィルム塗工乾燥装置

精密塗工・乾燥装置

連続塗工乾燥ライン


紙・フィルム・箔などの基材をロールtoロールで高速・高精度に塗工・乾燥する全自動の連続ラインです。塗工ヘッドにはスロットダイを採用していますので、塗工品質の安定性、再現性に優れています。間欠塗工にも対応し、さらに、塗工・乾燥にラミネート、スリットなどの機能を付加することも可能です。

連続ライン用ダイコータ

紙・フィルム・箔などのロール状基材を巻出し、連続して塗工する装置です。
流体解析に基づき設計され、豊富な実績に裏付けられたスロットダイを採用しています。

クリーンコータの例

■特長・仕様

  1. 非接触塗工方式のため、異物の発生やローピングによる欠陥が発生しにくい
  2. 閉回路塗工のため溶剤の蒸発面積が小さく、塗工液の特性変化がない
  3. 低粘度から高粘度まで幅広い粘度範囲に対応
    (0.001~100Pa・s)
  4. 薄膜から厚膜まで幅広い膜厚範囲に対応
    (5.0~1,000μm/Wet)
  5. 低速から高速までの塗工速度に対応
    (0.1~200m/min)
  6. 膜厚の調整はポンプの回転数とGAPの制御のみで、いたって簡単
  7. シンプルかつコンパクトな構造のため保守・点検がいたって容易 (スリットの間隙調整が不要)
  8. 制御の自動化やクリーン化の対応可能
  9. ストライプ塗工・同時多層塗工といった応用例も豊富
  10. 塗工精度:±3%以内

お問い合わせはこちら